一般財団法人日本きのこ研究所
ご挨拶
概要
研究
指導・普及
認証業務
森喜作記念顕彰会
交通
お問合せ
きのこ研究による社会貢献をめざして

森喜作伝
【最新 シイタケのつくり方】

森喜作伝
【森喜作伝】

きのこ生産者になろう
【きのこ生産者になろう】

きのこ生産者になろう
【われ農夫の祈りに開眼す
-森喜作一代記-】
What’s New
過去のお知らせ

  • 高知で開催された「アラゲキクラゲ等新需要きのこ生産者研修会」(主催:高知県)に講師を派遣(2020/08)
  • 群馬県環境森林部の関係者4名が来所。昨今のきのこ栽培事情などについて話題提供(2020/08)
  • 日本きのこ研究所 令和2年度第8期定期評議委員会を、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律第194条の規定(評議員会の議決の省略)に基づいて開催。 (2020/07)
  • 新型コロナウイルス感染拡大のため、全国乾椎茸品評会表彰式が中止となり、「森喜作賞」の授与は表彰状と正賞(記念楯)を顕彰会事務局より受賞者に直接お届けする方法で実施。(2020/07)
  • 森喜作記念顕彰会の運営委員会が書面による持廻り協議(3回)によって開催され(2020/05-06)、令和2年度(第42回)の「森喜作賞」受賞者が決定された(2020/07)
  • 七沢希望の丘初等学校(神奈川県)に食育支援事業の一環として、技術支援を実施(2020/03)
  • 群馬県立農林大学校の学生が職場体験(2020/02)
  • 栃木県で開催されたアラゲキクラゲ栽培研修会に講師を派遣(2020/02)
  • 新潟県での有機JASセミナーに講師を派遣(2020/02)
  • 令和2年度(第42回)森喜作賞候補者の推薦方ご依頼〔森喜作記念顕彰会〕(2020/02)
  • 森喜作記念顕彰会の令和1年度第2回運営委員会を開催(2020/01)
  • 第23回群馬県きのこ品評会の審査、および表彰式に人員を派遣(2020/01)
  • 群馬県きのこ振興協議会のきのこ研修会に講師2名を派遣(2010/1)
  • 令和2年6月1日をもって有機JASの認証業務を廃止することになりました。長い間、認証業務に対する支援に感謝申し上げます(2020/01)
  • 「きのこ研だより」42号を発行(2019/12)
きのこ研だより
  • 放置竹林問題をきのこの視点で考える
  • 第7期(平成30年度)事業報告および第8期(令和1年度)事業計画
  • きのこの機能性研究と遺伝情報解読を通して●鈴木智大・河岸洋和
  • きのこ産業と持続可能な開発目標(SDGs)●金子哲
  • 変化する卸売市場と産地販売戦略の課題●立木真直
  • 福島県産野生きのこの放射性セシウム濃度の動向と問題点●広井勝
  • 公立試験場におけるきのこ研究の実務を振り返って●増野和彦
  • 日本菌学会第63回大会に参加して●中束賢譲
  • 日本きのこ学会第23回大会に参加して●田中徳夫
  • トピックス
  • きのこに関連する新刊紹介
  • 「森喜作賞」について●森喜作記念顕彰会
  • 日本のきのこ会「兵庫県立御影高等学校環境科学部 生物班」●河合祐介

 


きのこ研だより

ニューズレター
「きのこ研だより」No.42
(2019年12月)

一般財団法人日本きのこ研究所
Copyright(C) The Mushroom Research Institute of Japan All Rights Reserved.